【第12回】未完了と須賀川

ITエンジニアが芭蕉と学ぶ英語構文

著者:西野 竜太郎(@nishinos

記事一覧へ 第1回へ

登場人物

芭蕉

江戸時代の俳諧師。「おくのほそ道」の旅で、東北と北陸を巡って俳句を詠む。

曽良

芭蕉の弟子。「おくのほそ道」で芭蕉に随行する。

ワタシ

21世紀の英語翻訳者。「おくのほそ道」で芭蕉に同行してIT英語を教える。

これまでのあらすじ

21世紀への時間旅行を企てる松尾芭蕉は、旅行中の費用をプログラマーとして働きながら工面しようとする。しかし「プログラマー35歳定年説」を知ると断念し、代わりに年齢に関係ない英語スキルを「おくのほそ道」の道中で学ぶことにする。

芭蕉は出発前に住居を他人に譲り、旅立つ。江戸から北に向かい、日光東照宮などを経て、白河の関を越えて奥州に入った。

未完了と須賀川

芭蕉たちは阿武隈川を渡り、須賀川すかがわの宿場に向かっている。

ワタシ

左手に見えるのは磐梯山でしょうかね。

そうですね。右の方を見ると、岩城いわき相馬そうまといった場所が見えます。

いわき、とのま? それはドカベンじゃないのか? ガハハハハ。

ワタシ

景色も良いですし、英語を始めましょうか。

今回は「未完了」の表現で、否定文に「yet」を使う形です。まずサンプル英文です。

This file is not downloaded yet.

このファイルはまだダウンロードされていません。

 

Not yet saved

未保存

否定文にyetを使うと、まだ発生や完了がしていないというニュアンスを出せるわけですね。

これを構文にしてみます。スラッシュの前後はどちらでも可です。

<今回の構文>

[主語] not [動詞] yet./[主語] not yet [動詞].

[主語] はまだ [動詞] していません。

yetを文末に置いて「not … yet」と置くだけでなく、「not yet」とつなげて使えるんですね。

ワタシ

ええ、1つめのサンプル英文はnotの直後にyetを置いて「This file is not yet downloaded.」としても可です。

では、試しにその構文で作文してみよう。

He has not yet transformed into a Titan.

彼はまだ巨人に変身していない。

これでよろしいか?

ワタシ

はい、結構です。

(どういう意味……?)

◆  ◆  ◆

芭蕉たちは須賀川の宿場に到着し、等窮とうきゅうという俳人の家に滞在する。

等窮に白河の関を越えたときの感想を聞かれ、芭蕉は次の句を残している。

風流の 初めや おくの 田植うた

(この田植え歌は、奥州で味わう最初の風流なのだろう。)

…… 次回に続く

今回の地図

白河の関の跡から、須賀川の等窮宅へ。